肌あれの原因はクレンジングかも?

クレンジング料が肌に合わずに、実は治らない肌あれの原因だった、ということは案外多いようです。

ファンデーションや、化粧水、クリームなどを変えても改善されない肌あれが続く場合、 クレンジングの方法やクレンジング料を見直してみましょう。

クレンジングなどの、落とすためのスキンケアは、簡単に選んでしまいがちですが、 実は、スキンケアにおいては、とても重要なステップで使うもの。

肌タイプ、肌のコンディション、そしてメイクの濃さや方法によって、変えた方がよい場合もあります。 毎日使うものですから、自分に合うものを見つけてくださいね。

肌が強い人は、多少クレンジング料に刺激があるものであっても、問題ない人もいますが、 乾燥肌や敏感肌の場合、負担の大きなクレンジング料選びは、慎重に。クレンジングによる乾燥がトラブルの大元かもしれません。

オイリー肌の人にとっても、汚れや皮脂をきれいにとってくれて、油分を残さないものを選ぶようにしてください。

クレンジングの注意点

このページの先頭へ