蒸しタオルとクレンジング、順番はどうすればいいでしょうか?

蒸しタオルを顔にのせると、皮脂分泌が抑えられ、毛穴が開いて、汚れがきれいに落ちるといいますね。

実際、蒸しタオルやスチーマーを使って、顔をあたためると肌の調子がよくなるというのは、多くの人が実感されています。

では、メイクをしたときの順番としては、どうすればいいのでしょう?

蒸しタオル効果で毛穴が開くと聞くと、メイクをしたまただと、メイク汚れが毛穴に入り込みそうです。

一般的に推奨されている順番は、クレンジングをしてから、蒸しタオルを1〜3分顔にのせて、洗顔。 最後の洗顔で、浮き上がった汚れや老廃物、汗を洗い流すことができます。

クレンジングする前に、蒸しタオルの準備をして、クレンジング後、さっと蒸しタオルをあてると効率的です。

クレンジング前の蒸しタオルでも、汚れを浮き上がらせる効果があるので、悪い訳ではありません。 軽いメイクの場合は、この順番でも問題なさそうですね。


→→ 次の記事:「フェイスパウダーのみのメイクにもクレンジングは必要?」へ

クレンジングのQ&A

このページの先頭へ