敏感肌

敏感肌は、刺激に弱い肌のことです。 ちょっとした外からの刺激にも反応してしまいますので、注意が必要です。

敏感肌となる原因は、体質などもありますが、乾燥によって、 肌のバリア機能が十分にその役割を務めることができずに、起こることもあります。

バリア機能を担っているのは、皮脂。皮脂の取りすぎが敏感肌を招いている場合があります。

クレンジング料は、油分や合成界面活性剤を含みますので、敏感肌には、刺激が強いものです。

敏感肌向けのクレンジング料にも、もちろん界面活性剤は含まれていますので、 短時間でクレンジングを済まし、クレンジング料が肌に触れている時間を短くするようにしましょう。

クレンジングの方法としては、こすらないことと、洗い流す場合は、熱いお湯を使わないことです。 この注意点は、どんな肌質であっても気をつけたいことですが、敏感肌の場合は、特に注意してみましょう。

洗い流すときは、水に近いぬるま湯を使い、多少メイクが残ってしまっていても、 短時間で終わらせることを優先し、残った汚れは、ダブル洗顔の次のステップである、洗顔で落とすようにしてみてください。

また、シートタイプ及びふき取るタイプ(水で洗い流せないタイプ)は、思わずこすってしまったり、 繊維による刺激も加わってしまうので、敏感肌の人は使わない方がよいでしょう。

敏感肌の人におすすめのクレンジングは、洗い流せるタイプのクリームあるいはミルクタイプ。 油分、水分の量のバランスもよく、敏感肌向けのものを選べば、界面活性剤も多すぎず、肌への刺激を抑えることができます。

肌質別クレンジング注意点

このページの先頭へ