混合肌

日本人女性に多いのが、この混合肌。

額や鼻といったTゾーンは脂っぽいのに、頬から顎は乾燥しているという、 顔の部分部分によって皮脂の差が違う肌質のことです。

混合肌の原因は、体質というよりも、お手入れの方法があっていないことが多いようです。

Tゾーンの脂っぽさやテカリを気にして、オイリー肌向けのさっぱりタイプの化粧品を使い続けていると、 皮脂分泌の少ない頬などの皮脂を取り過ぎてしまい、乾燥が進んでしまいます。

逆に乾燥を気にするあまり、過剰な皮脂のお手入れが十分でないと、やはり混合肌が進む場合もあります。

混合肌の場合は、それぞれの部分に合ったケアをするのが一番。

ただ、クレンジングや洗顔は、部分ごとに洗い分けるのは難しいですよね。

クレンジングの際は、基本を忠実にまもり、メイクの濃さでクレンジング料を選び、こすらず、手早くメイクを落としましょう。 しっかりメイクをする人は、オイルがおすすめで、軽めのメイクの場合は、クリーム、ミルク、ジェルを選んでみましょう。

クレンジングはあくまでメイクを落とすものですから、 Tゾーンのクレンジング時間を長くするよりも、メイクを手早く落とし、洗顔料で丁寧にTゾーンを洗うようにしましょう。


→→ 次の記事:「オイリー肌」へ

肌質別クレンジング注意点

このページの先頭へ