クレンジングオイルを使うとベトベトするけど何がいけないの?

クレンジングオイルは、クレンジング料の中でも、油分、界面活性剤の配合料の多い、クレンジング力の高いもの。 汚れがすっきり落ちるという理由で人気のクレンジング料ですが、ベトベトする、ぬるぬるすると敬遠する人も。

この違いは、やはり使い方によるもの。クレンジングオイルをメイク汚れになじませすぐに洗い流すと、 どうしてもオイル分が顔に残ってしまうことがあるようです。

このような場合、あるいは製品は、クレンジングオイルをなじませた後、ぬるま湯などで乳化(油と水が混和して白くなる) させてから洗い流してみてください。この乳化の作用により、汚れを浮き上がらせ、油分を含め、洗い流しやすくなります。

また、クレンジングオイルによっては、乾いた手で乾いた肌にのせるようにするよう説明に書いてあります。 水分があると、汚れになじみにくくなるからです。

このような製品を使うときは、 特に、手をきれいに洗い、清潔なタオルで水分を十分に取ってから、クレンジングを始めましょう。

清潔な手でお手入れをする、といのは、言うまでもなく、どのようなものを使う場合も同じです。


→→ 次の記事:「クレンジング用のグッズってあるの?」へ

クレンジングのQ&A

このページの先頭へ